腋臭対策

腋臭、体臭にはパセリの粉末

パセリのクロロフィルの消臭作用

ワキガと体臭の大きな違いは、発生する汗腺が違うことです。
体臭は全身の皮膚にある「エクリン腺」に対し、ワキガはわきの下などにある「アポクリン腺」という特別な汗腺から出る汗の臭いです。
ワキガの臭いの強さは、アポクリン腺の数や大きさに比例し、そのため個人差も大きいもの。じつは、ワキガはもちろん体臭などの臭いは、汗が汗腺にとどまっているうちは無臭です。ところが、汗が体外に出てきたあと、皮膚表面の雑菌が繁殖することで、ワキガや体臭が発生するのです。ここで、自分がワキガ体質かどうか判定できるチェック項目を上げておきましょう。

@耳垢が湿っている
Aワキ毛が多い、太い
B衣類のワキの部分が黄ばむ
C肉親にワキガ体質の人がいる
Dワキの汗が多い
E肉中心の食生活

以上6点、すべての項目にあてはまる人はワキガ体質であることが考えられます。ここで注目していただきたいのが、パセリの粉末。パセリのクロロフィルという成分には、強い消臭作用があります。さらに、殺菌力、抗菌力、防臭作用があるフラボノイドも含まれているので、パセリはワキガ体質の人にはピッタリの野菜なのです。