腋臭対策

腋臭や加齢臭を抑える酢湿布

制汗剤と酢湿布を交互に使用して体へのダメージ軽減

汗を分泌する汗腺には、エクリン腺、アポクリン腺の二種類があります。エクリン腺は全身の皮膚に分布し、体温と水分を調節している汗腺で、ここから出る汗は、においの物質をほとんど含んでいません。いわゆる汗くささとは、汗によって皮膚表面に繁殖した雑菌が、アカや汗の成分、ほこりなどを腐敗・発酵させて生じるものです。
一方のアポクリン腺は、わきの下や生殖器周辺、乳腺などに多く分布する汗腺です。アポクリン腺から分泌される汗には、タンパク質、糖分、コレステロール、鉄分、アンモニアなどが含まれ、個人差はあれ、においはします。その代表的なにおいが、わきが臭です。
ただし、アポクリン汗も、汗腺の中にとどまっている間はにおいません。発汗後、皮膚の雑菌によって成分が分解されたり、皮脂とまじり合い、強烈なにおいを発したりするようになるのです。
このような汗くささ、ワキガ臭などの体臭は、酢を上手に活用することで、軽減させることが可能です。
鼻にツンとくる体臭は、汗くささに強烈なアンモニア臭が加わって生じるにおいです。酢には、そのアンモニア臭を抑え、体臭を健康的な、心地よいにおいに変える力があるのです。
発汗に必要なエネルギーは、通常、クエン酸回路というシステムによって作られます。ところが、血液中の酸素が不足したり、食事のバランスがくずれたりすると、クエン酸回路がうまく働かなくなり、糖を分解する方法でエネルギーをとらざるを得なくなります。すると、血管や汗腺の中に乳糖がふえて、汗の中に尿素やアンモニアが多量に分泌され、不快な体臭を発するようになるのです。
一方、酢にはクエン酸、リンゴ酸、コハク酸などの有機酸が豊富に含まれますが、これらは、そのままクエン酸回路が働く原料になります。そのため、毎日適度な酢の摂取を継続すると、エネルギー代謝が円滑になり、アンモニア臭の原因となる乳酸の生成も抑制され、体臭は自然に軽減されるわけです。
また、中高年になると、皮脂腺中の脂肪酸が、過酸化脂質という一種の老化物質によって酸化され、加齢臭とよばれる特有の体臭を発するようになります。酢には過酸化脂質の生成、酸化を抑える作用もあり、こうした加齢臭の軽減にも役立ちます。
摂取する酢は黒酢や醸造酢でもかまいませんが、飲みやすさという点ではリンゴ酢が最適です。毎日朝晩、さかずき1〜2杯(20〜40ミリリットル)を、水やジュース、牛乳などで割って飲むようにするとよいでしょう。
さらに、酢の持つ殺菌作用も、体臭の軽減・予防に大きな効果を発揮してくれます。
ワキカを含めた汗くささは、雑菌の影響を受けて発生します。しかし、その一方で、皮膚は正常細菌そう(粘膜表層部に一定に生息している細菌集団)のバランスによって保護されています。そのため、銀などの強力な殺菌成分を含む制汗・デオドラント剤を長期に使用していると、正常細菌そうのバランスがくずれて悪い雑菌が勢力を増し、かえって体臭が強くなったり、皮膚が痛みやすくなったりします。
その点、酢の場合は、菌をのきなみたたくというよりは、むしろ正常細菌そうのバランスをくずさない程度に、においの発生源となる菌の活動を持続的に抑えるという制菌作用にすぐれています。そのため、体にダメージを与えることなく、においの発生を抑えられるのです。
それには、酢を入れた酢風呂に入浴するのが、もっとも手軽な方法です。180リットルの湯に対し、酢をコップ二分の1杯(100ミリリットル)入れて、ゆっくり入浴するとよいでしょう。クエン酸の一部は毛穴から吸収されて血行がよくなり、乳酸の生成も抑えられるので、アンモニア臭も解消します。最後に軽くシャワーを浴びてください。


わきの下に汗をかきやすい人は、酢風呂に加え、ミョウバン、レモン入りの酢湿布をするのもよい方法です。
湿布液は、リンゴ酢一本(500ミリリットル)に対して、レモン一個分のしぼり汁、焼きミョウバン(薬局やスーパーなどで購入可)一袋(60グラム)、塩一つまみを加えて作ります。材料をすべてびんに入れて、ふたをしてから軽くふり、ミョウバンが沈むまで、半日ほど寝かせるとできあがりです。
この酢湿布液を、ガーゼのハンカチなどにたれない程度に十分しみこませ、わきの下に当てて、腕ではさむようにして五分ほど湿布してください。
酢湿布は夜の入浴後に行い、ガーゼを取ってわきの下が乾燥したら、そのまま休んで、翌朝シャワーを浴びて流しましょう。睡眠中に酢の殺菌・制汗作用、ミョウバンの汗腺閉塞作用、レモンが含むビタミンCの抗酸化作用などが働いて、翌日は、汗もにおいもかなり抑えられるはずです。塩には、酢の作用を増強させる効果があります。
ワキガの人は、これにリンゴのすり下ろしを繊維ごと加えた液(先の分量に対してリンゴ一個分)で湿布すると、より効果的です。ちなみに、酢湿布液は冷蔵庫で保存すれば一〜二ヵ月持ちますが、リンゴを加えた場合はいたみも早いのて、二週間分を目安に作り、必ず冷蔵保存してください。
また、市販の制汗・デオドラント剤を使わなければ安心できないという人は、ダメージを軽減するため、三日間市販品を使って、翌日は酢湿布にする、一週間市販品を使って、次の一週間は酢湿布にするといった形で併用するとよいでしょう。


わきのにおいを抑える酢湿布の方法

 


1.びんにリンゴ酢500ミリリットル、レモン1個分のしぼり汁、焼きミョウバン60グラム、塩一つまみを入れ、ふたをして軽くふり、半日ほど寝かせると酢湿布液ができる。

 

2.夜の入浴後、1の液をガーゼのハンカチにしみ込ませ、わきの下に当てて5分ほど腕ではさむ

 

3.酢湿布を外して休み、翌朝シャワーで洗い流す ※ワキガの人は1にすりおろしたリンゴ1個を加える

 

※酢湿布液は、冷蔵庫で保存すれば2ヵ月は保存できる。すりおろしたリンゴを加える場合は、2週間で使い切る。