腋臭対策

「米のとぎ汁」でワキガ対策

米のとぎ汁風呂はワキガや更年期による体臭緩和にも有効

米のとぎ汁をお風呂に入れることで、しっとりしたうるおいのある肌になったなどの効果があるのは、保湿や保温成分が含まれているためです。しかし、これ以外にもとぎ汁風呂にはすばらしい作用が期待できるのです。

それは、ワキガや更年期臭への効果です。
米のとぎ汁の中にある小さな米の粒が、肌の古い角質や皮脂を除去します。
毛穴に皮脂などがたまった状態が続くと、発汗した際にイヤな臭いとなります。
その皮脂を適度に取り除けることで、皮脂汗の臭いを消すことができるのです。

また、ビタミンEやBが、血行をよくし、新陳代謝を活発にさせます。
血行や新陳代謝が悪いと、ホルモンバランスが整わず、発汗調整も狂い出します。特に更年期になると、女性ホルモンが減り、さらに自律神経の機能も低下しがちです。その結果、汗の室が落ちて鼻にツンとくるような嫌な臭いを発するようになってしまうのです。

しかし、とぎ汁風呂によって血行不良が改善し、新陳代謝がよくなることで、サラサラのよい汗がかけるようになり、更年期臭なども解消させることができます。

また、汗は精神的にイライラが続いたときにも臭うようになります。これはアンモニアが多くなり、汗に粘りが出るためです。蒸発しにくくもなり、臭いが続いてしまうこともあります。
これも、お米特有の匂いが精神をリラックスさせるので、改善に導きます。

慣れ親しんだ米文化の日本人だからこその効能でしょう。
肌の改善だけでなく、体臭にお悩みの方にもぜひ実践していただきたいお手軽入浴法です。